愛するペットにも | 納骨堂を、あなたの大切な人のお墓にしましょう。

納骨堂を、あなたの大切な人のお墓にしましょう。

愛するペットにも

House of Worship

もしあなたが現在ペットを何かしら飼われているのであれば、その際にも納骨堂を使用することが可能です。むしろ最近では納骨堂を使うことが一般化されてきたように思えます。ちなみに一般的にはどのような形のお墓で供養されているのかというと、まず合同基と呼ばれる所に埋葬されるパターンが一つあります。これは他のペットと一緒に合同火葬された時にそのまま埋葬される形の物となり、合同基や供養塔という埋葬施設に安置されて、名前が入った卒塔婆が建てられたりします。ちなみに個別に火葬しても個別に納骨したあと合同基に移すということもあるみたいです。それぞれのスペースを確保する必要性がないので、合同基は比較的安い料金で利用することが可能です。また、野外の個別墓を使うパターンもあります。こちらは野外によるペット専用個別墓となっていて、同じく墓石にペットの名前を彫ることが可能です。ただペット専用の個別墓は少ないので、やはり納骨堂が使われることが多いでしょう。基本的にペット専用のお墓である霊園では、納骨堂の形で運営されているのがほとんどなので、あなたもペットが亡くなってしまった際には納骨堂を利用することの方が多くなるかもしれませんね。つまりどうしても個別で納骨したい際には必然的に納骨堂になってくるでしょう。ちなみに納骨堂の内装としては大体ロッカーのような形になっていて、野外のお墓と比べるとかなり安く利用することができます。つまり費用を浮かせるという意味でも、おすすめすることができます。